新橋 ビール

樽生お知らせ
オランダ老舗 グロールシュより "小麦ビール"樽! (2018-11-15)
ドイツとの国境沿い、オランダ東部オーファーアイセル州エンスヘーデに在る オランダ最古のビール醸造所グロールシュより"小麦ビール"Grolsch Premium Weizen グロールシュ・プレミアム・ヴァイツェン樽を入荷。色合いは少し白濁した黄橙色。バナナやグローブを思わすフルーティな香りが爽やかに。軽やかな口当たりには小麦の穏やかな甘みがあり、レモンやグローブのようなスパイス感が心地よく重なります。酸味や苦みは僅かで、後味は軽快。爽やかで美味しいです。。スイングトップの緑の瓶でお馴染みのグロールシュ。誕生はエンスヘーデより少し南西、ヘルダーラント州フルンロー(Groenlo) の街で1615年に創業、名は街の名に由縁しています。ヴァイツェンは 新醸造所設立時に招待客に振る舞ったのが好評で商品化、2005年より一般販売が始まったそうです。昨年からグロールシュの親会社にアサヒビールがなり、今年1月 日本にGrolsch Premium Weizen の樽生が初入荷。小麦の爽快感にスパイス香が心地よく、オランダ国内でも人気の小麦ビール。樽生がオランダ国外に出たのは初めてだそうですよ。
イギリス南西部の老舗より 人気のペールエール樽! (2018-11-12)
イギリス南西端コーンウォール州セントオーステルの街に1851年創業 セントオーステル醸造所より "ペールエール"TRIBUTE トリビュート樽を入荷。色合いは茶色、ほんのりフローラルな香りと軽快な飲み口で、トーストやオレンジのような爽やかな甘みと麦芽の独特な香味をほんのり感じるスマートなボディ。後口のややドライな苦みも心地よく、バランスの良い飲み易さがあります。。日本での知名度はまだ低いですが、創業者ヒックスfamilyが代々継承するセントオーステル醸造所はイギリスでは名の知れた人気の醸造所で、地場産大麦にこだわりをもち、TRIBUTEではコーンウォール産の冬撒き二条大麦"マリスオッタ―"を使うことで、スマートなエールにキャラクターをつけています。生産性があまりよくない大麦なので 現在のビールの主流大麦とは異なり、その麦芽の風合いから 英国産の最高級モルトと評される品種。モルトの風味よく、ゆっくり楽しんで頂きたいペールエールです。
ベルギーより キレのあるゴールデンエール "ルシファ"樽、再び! (2018-11-12)
ベルギー,アントワープ州メッヘレンにて1471年創業 ヘット・アンケル醸造所より秋季限定入荷となる"ゴールデンエール"Lucifer ルシファー樽を再入荷。色合いは黄金色。パインや梨,レモンを思わす香り。大きな専用グラスでキメ細かな泡立ちに柑橘系のアロマも感じ、フルーティな口当たりは やや滑らかで、しっかりと感じる麦芽のコクにパインや蜜のような甘みも仄かに、高アルコールによる心地良いキレが訪れるボディ。後口にはベルジャンホップのドライな苦み。温くなるとボリュームもでますが、キレを感じるボディは冷たいうち飲み易さも感じるかと。。ラテン語で 明けの明星や金星を意味する"Lucifer"、キリスト教では 神に反逆した堕天使(別名サタン)の名としても知られています。Luciferは 元々 西フランダース州デンテルゲムにあったリーヴァ醸造所(Riva brewery)が、当時も人気だったゴールデンエール"Duvel"(デュベル)を意識して1980年代から醸造が始めったビール。2008年 醸造所がデュベル・モルトガット醸造所の傘下となり、醸造は中止へ。すでに人気銘柄になっていたLuciferをヘット・アンケル醸造所が買取り 2009年からヘット・アンケルが醸造(レシピを少し変更)を再開。デュベルと因縁のあるビール、デュベル好きな方も是非!
スイス,クラフトブルワリーBFMより 名品"サワーエール"樽! (2018-11-11)
スイス北西のジュラ州、仏との国境近く フランシュ=モンターニュ郡セーニュレジエ に1997年設立 ビーエフエム醸造所 (BFM /Brasserie des Franches-Montagnes) より "サワーエール"BFM Abbaye de Saint Bon-Chien2017 ビーエフエム・アッべヒ・デ・セイント・ボン-チイエン樽を入荷。スイスワインやスピリッツなどで使われた木樽で一年程 熟成させたビールをブレンドし、再び 半年程 熟成して 樽(瓶)詰め。色合いは赤褐色、チェリーや梅,リンゴを思わす香り。軽めの発泡で 少し円やかな口当たりには葡萄やプルーンのような風味と、白ワインビネガーのような強めの酸味が柔らかく広がります。苦みは微かで 果実のような穏やかな甘みがあり、樽香や仄かなスパイシーさ,微かな渋みが重なる複雑さがあるのですが とてもスマートなボディです。樽熟成によるワインのような趣きの味わいが主体で、ビールとは思えない芳醇さ。個人的に 2017は特に高アルコールを感じさせない気がします。。創業者のジェローム氏は樽熟成が多大な影響を及ぼすワイン学も学んでおり、樽に棲みつく数多な微生物がビールの味わいに影響 (乳酸菌等の働きにより酸味が生まれたり,,)を及ぼすのを考え、様々な木樽を使ったり、年毎に木樽の種類を変え ヴィンテージを楽しませたり、、ベルギーのフランダース・レッドビールはもちろん, ワイン好きをも惹きこむ"Bon-Chien"。ラベルに描かれるのは修道士姿の猫。昔 醸造所で飼っていた同名の猫を偲んで名付けられたそうですが、訳すと 可愛い犬!? 醸造所の名を一躍 世界中のビールファンに知らしめたビールです。是非。
ページトップへ
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ Chef 's Twitter
本日の樽生
アクセス
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 17:00〜01:00
金   17:00〜02:00
土   17:00〜23:30
日・祝日 17:00〜23:00

烏森口から左側に見える 吉野家さんのビル3F。
緑色のラクダの看板が目印です。
* 全席禁煙(喫煙スペース有)