新橋 ビール

樽生お知らせ
ベルギー、本格的ランビック醸造所がおくる "トリプル" 樽! (2018-05-22)
ベルギー,ブリュッセルより南西10kmベールセルの街で、自然発酵ビール"ランビック"も継承するオードベールセル醸造所より"アベイ・トリプル"Bersalis Tripel ベルサリス・トリプル樽を入荷。色合いは黄色、洋梨やリンゴ,オレンジを思わす香りがあり、小麦麦芽由来の柔らかな飲み口にはフルーティで優しい甘みを感じます。コクがありながらも ややドライなボディ。軽やかなスパイシーさと心地好い苦味のバランスも良好で、高アルコールを感じさせない飲み易さもあるかと。。1882年に創業したオードベールセル醸造所は、ヴァンデルヴェルデン一族が受け継ぐ 伝統的なランビック(自然発酵ビール)の醸造所でした。自然発酵後、木樽で数年に及ぶ自発発酵&熟成をおこなうランビックの醸造、経営資金(EUから衛生的に大規模な改修を迫られ,,)や跡継ぎの問題やらで、2002年 醸造所はやむなく閉鎖、、2005年 ベールセルの街のランビックの歴史を継承しようと、Christiaens親子が立ち上がります。まずはグーズ・ブレンダーとして、そして 販売までに数年かかるランビック醸造の資金稼ぎとして造ったのがこのBersalis。その甲斐あって 2007年よりランビックの醸造がスタート、昨年は創業10周年を記念したビール、ベルサリス7:ランビック3をブレンドして造られた"Bersalis Sourblend /alc 6.0%" 樽も日本に入荷してきて 美味しかったです。本格的なランビック醸造所が考案する"トリプル"としても興味深く、数々のビアコンテストでも受賞歴があるBersalis、是非!
ドイツより、春のラガー「ホフブロイ・マイボック」樽! (2018-05-19)
ドイツ,バイエルン州ミュンヘンに1589年創業 ホフブロイ醸造所より、春季限定ラガーの"マイボック" Hofbrau MaiBock ホフブロイ・マイボック樽を今年も入荷。色合いは明るめの琥珀色。豊かな麦芽の香りには仄かなロースト香や柔らかな甘さも感じられ、口の中ではカラメルやナッツ, 黒糖のような麦芽風味が優しく広がります。温くなると少しまったりと感じるボディですが、コクも甘みも程好く、上品なアルコール感もふわり。後口の苦みがバランスよく、アクセントにもなっています。。マイボックはドイツで春を告げるビール。Maiは5月の意味で、ドイツのあちらこちらで行われる春祭りで飲むように造られるビールだそうです。春とはいえ、緯度の高いミュンヘンの屋外はまだ寒く、少しアルコールが高いのも特徴の一つです。
スイスで人気のクラフトブルワリーより "スタウト"樽! (2018-05-19)
スイス,ジュラ州、仏との国境近く フランシュ=モンターニュ郡セーニュレジエ に1997年設立 ビーエフエム醸造所 (BFM /Brasserie des Franches-Montagnes) より winter beerの"スタウト"BFM La Mandragore ビーエフエム・マンドラゴール樽を入荷。ジュラ産の大麦とスペクルト小麦(古代穀物)を使い、色合いは漆黒。ブラックコーヒーやカカオを思わす深い香り。滑らかな口当たりにはローストナッツやリコリス,バニラのような風合いもあり、カカオのような芳ばしさと穏やかな甘みが円やかに広がる豊かなコク。後口にはエスプレッソのようなホロ苦さと微かな酸味があり、程好い余韻。高アルコールスタウトの割には飲み易いのかな。。スイスで一番素晴らしいブルワリーともいわれ、トカゲのロゴがトレードマークのBFM。様々なビールを造っていますが、創業者のジェローム氏はワイン学も学んでおり、木樽に棲みつく数多な微生物がビールの味わいに大きな影響 (乳酸菌等の働きにより酸味が生まれたり,,)を及ぼす樽熟成のビールも得意。個人的に酸味の使い方がとても上手な印象があって、La Mandragoreも後口の微かな酸味がふくよかなボディを重過ぎにせず 飲み易くしていると思います。是非。
イギリス最古の醸造所より、ビターエール"スピットファイアー"! (2018-05-17)
英・イングランド,ケント州フェイバーシャムに1698年創業 シェパードニーム醸造所より"ビターエール" Shepherd Neame SPITFIRE シェパードニーム・スピットファイアー樽を入荷。色合いは茶褐色。モルトを感じるカラメルのような香りは 仄かにスパイシーで、スマートな口当たり。軽快な麦芽のコクにはトフィーのような甘みや軽い香ばしさ、フルーティな風合いや微かなスパイシーさもあり 独特なドライさと共に喉を過ぎます。苦みはバランスの好い程度なのですが、個人的に エールで辛口というとスピットファイヤーを思い出します。。醸造所の在るケント州はイギリスの昔からのホップの名産地。Spitfireでもケント産ホップを3種使用し"Kentish Ale"と名付けています。また Spitfire は第2次大戦で活躍した救国戦闘機の名で、Battle of Britain(ドイツ空軍からイギリスの空を守った) の50周年を記念して1990年より醸造がスタート。ボトルの王冠はイギリス空軍旗に由縁しているデザインなんだそうですよ。
ページトップへ
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ Chef 's Twitter
本日の樽生
アクセス
★ スタッフのビール日記!jha blog
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 17:00〜01:00
金   17:00〜02:00
土   17:00〜23:30
日・祝日 17:00〜23:00

烏森口から左側に見える 吉野家さんのビル3F。
緑色のラクダの看板が目印です。
* 全席禁煙(喫煙スペース有)