新橋 ビール

樽生お知らせ
オランダ,クラフトブルワリーより、すっきりとした"ゴーゼ"樽! (2018-10-20)
オランダ北西部,アムステルダム近郊のハールレムの街にて 2012年創業エルチョ醸造所より、キュウリとスイカを副原料に使った"ゴーゼ"Uiltje/Fyn Ales Green Ghost Gose グリーン・ゴースト・ゴーゼ樽を入荷。こちらはスコットランド南西部カウアル半島にある醸造所ファイン・エールズ(Fyne Ales)とのコラボビールで、色合いは薄い黄色。レモンやハーブを思わす香り。すっきりとした口当たりにレモンやライムのような風味と清らかな酸味がやや強めに広がり、温くなるとキュウリやスイカの白皮のような風味も表れ、甘みは微かに 苦みはなく、後味はレモン塩のような感じです。あまり麦芽のコクは感じず、レモネードのような雰囲気も。。まずはホームブルワーとして始まったビール醸造。創業者はBARを経営しており、同ハールレムに在る醸造所 ヨーペン(Jopen)などでビールの委託醸造もしていたそうで、2016年 クラウドファンディングで自分達の醸造所とタップルームを立ち上げ。本来バレルエッジが得意なようです。ています。ビアスタイル"ゴーゼ"はドイツ中部ハルツ地方の小都市ゴスラーで生まれ、クラシカルタイプは小麦麦芽50〜60%に コリアンダー等のハーブと塩を用い、エール酵母と共に乳酸菌を用いる乳酸菌並行発酵で醸造されています。今 クラフトブルワリーで造られる新しいゴーゼは、塩と乳酸菌並行発酵を用い、果実やハーブなど様々な副原料を使って醸造。軽やかな酸味や塩気を朴訥に感じるドイツのオリジナルのゴーゼとは少し別物ですが、オリジナリティーに溢れバリエーションも富み、美味しさと共に面白いです。
英・ロンドン、老舗フラーズ社のフラッグシップ・エール樽! (2018-10-19)
イギリス,ロンドンでもクラフトブルワリーが増えたと聞きますが、こちらはロンドンで一番古い醸造所。チズウィックの街,テムズ川の畔に1845年創業 フラーズ醸造所より、フラッグシップFuller's London Pride フラーズ・ロンドンプライド樽を久々に入荷。クラシカルなビターエールで、色合いは茶色。柑橘を思わす香りに麦芽の香りも仄かに。穏やかな口当たりで広がる 紅茶やトーストのような少し芳ばしさのある麦芽の風味。スマートなコクには軽い甘みとオレンジのようなフルーティさがあり、後口には適度な苦み。飲み易く、甘みと苦みのバランスも良好です。。醸造所は通称 Fuller's、正式名はちょっと長く、創業当初 フラーさんを助けてくれたスミスさんとターナーさんの3人の立役者の名がはいって"Fuller Smith & Turner PLC"。エンブレムには片手にジョッキを持つ伝説の生き物"グリフィン"(鷲の上半身と翼をもち、ライオンの下半身)が描かれています。黄金より酒甕よりビール!!
英,Buxtonより スパイス入り高アルコールな"ウィ・ヘビィ"樽! (2018-10-17)
イングランド中部ダービーシャー州、ピーク国立公園内に2008年創業 バクストン醸造所より、スコットランドのFierce Beer(2016〜)とのコラボビールBuxton Nippy Sweetie バクストン・ニーピースウィーティ樽を入荷。スコットランドのクラシカルなビアスタイル"ウィ・ヘビィ"に、ジンジャー,蜂蜜,シナモンを使用。色合いは茶褐色。カラメルやカカオを思わすバーレーワインのような麦芽の まろやかな香り。口当たりも柔らかで、トフィやナッツ,ドライフルーツのような麦芽のふくよかな甘みとホットジンジャーのような僅かな辛みがあって、鼻から抜けるシナモンやハーブのようなフレーバー。ミディアムボディながら麦芽の旨みを充分に感じ、温くなったほうがスパイスが麦芽に馴染んで美味しいかと。。家のガレージでのビール造りから始まったというBuxtonですが、今ではイギリス国内でブリュードックと人気を2分するとまでいわれる醸造所。今年もRateBeerでのBest Brewers in the World Top100に選ばれています。革新と超高品質を第一に、伝統を肯定し、ディテールはマニアックにビールを醸造しようと 醸造所が掲げる"Make Better Beer"。"ウィ・ヘビィ"スタイルと聞けば首を傾げますが、バクストンらしい高品質のビールだと思います。
ベルギーより ホップが効いたベルジャンエール"Houbion Chouffe"! (2018-10-16)
ベルギー南部リュクサンブール州アシュッフに1982年創業 ダシュフ醸造所より、日本へは秋季限定入荷となるHoubion Chouffe フブロン・シュフ樽を入荷。色合いは黄色、パインやレモンを思わす香り。口当たりはフローラルで しっかりと感じる麦芽のコクには柑橘系の仄かな甘みがあり、心地よい発泡感とレモンや苅草のようなアロマ、少し強めの苦みが口の中で広がります。ホップの苦みも印象的ですが、後口にはベルジャン・トリプルらしい芳醇さもあり、ベルギービールらしいバランスの良さが感じられるかと。。アルデンヌの森に囲まれたアシュッフ村にある醸造所で造られる Chouffeシリーズのビールラベルには、赤い頭巾を被って白髭を生やした小人?妖精?が共通して描かれています。仏語でホップを意味する"フブロン"、Houbion Chouffe の小人の背景にはホップ畑が描かれていて、イギリスのトラディショナルなIPAとアメリカの革命的なIPAとベルギーの伝統的な醸造法を融合して造られているそう。3種のホップ(Tomahawk, Amarillo, Saaz)を使っていて、ラベルには Dobbelen IPA Tripelとも書かれています。醸造所は2006年よりデュベル・モルトガット傘下となっており、この年から Houbion Chouffeを醸造。アメリカホップを意識したIPAと考えるなら 相当早くから醸造が始まったベルジャンIPAです。
Cooper Ale's ハウスエール「Cooper SAISON」樽入荷中! (2018-09-01)
2018年,今年のcooperハウスビール第一弾は、初の醸造となる"セゾンビール"Cooper SAISON / alc 7.0%樽をご用意しました!セゾン酵母由来のフルーティさとスパイシーさを楽しんで頂きたく、ベルジャンスタイルの正統派セゾンを目指しました。飲み始めはややドライに感じるボディですが、少し温度が上がるとオレンジやパインのようなフルーティさと柔らかな甘みが立ち上がり、スパイシーさと微かな酸味が重なって、程好い苦みへ。バランスをとりつつも、ボリューミーな一杯に変化していきます。セゾンビールですが、一杯目よりも 少し時間をかけて楽しんで頂きたいクーパー・セゾン!! 皆様どうぞ お試し下さい! *神奈川県厚木ビールさんに醸造頂きました。
ページトップへ
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ Chef 's Twitter
本日の樽生
アクセス
★ スタッフのビール日記!jha blog
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 17:00〜01:00
金   17:00〜02:00
土   17:00〜23:30
日・祝日 17:00〜23:00

烏森口から左側に見える 吉野家さんのビル3F。
緑色のラクダの看板が目印です。
* 全席禁煙(喫煙スペース有)