新橋 ビール

樽生お知らせ
英、マーストン醸造所より 伝統的なペールエール"ペディグリー"樽! (2020-10-18)
英,イングランド中央部スタッフォードシャー州, ペールエール発祥の地バートン・オン・トレントで1834年創業 マーストンズ醸造所より、トラディショナルな"ペールエール" Marston's Pedigree マーストンズ・ペディグリー樽を入荷。色合いは茶色。窒素ガスを使用した柔かな飲み口で優しい麦芽の香味は ほんのり芳ばしく、軽やかにフルーティ。ナッツやトーストのような穏やかな麦芽の旨みにはカラメルのような甘みも仄かに、スマートなボディで控えめな苦み。何杯でも飲み続けられる 飲み易いペールエールです。。街を流れるトレント川の水質が硫酸カルシウム等を多く含む硬水であった為、エールの色合いを淡く (=Pale ) したといわれ、ペールエール発祥の地であるバートン・オン・トレント。18cに主流となっていた この地 独自の発酵システム"バートン・ユニオン・システム"を 今もなお続ける英国唯一のペールエールがペディグリー。決して派手さはありませんが、イギリスらしいクラシカルなペールエールを是非! 
■ Burton Union System (簡単に、、)まだ酵母の働きや発酵温度の管理が難しかった時代。大きな木樽Ⓐでビールを発酵すると、(酵母は麦汁の中の糖を食べ アルコールと二酸化炭素に分解するので、)発酵が活発になって樽Ⓐから盛んに溢れ出てしまう泡。それならと、Ⓐから溢れ出る泡を管⒜で別の樽Ⓑへと移し、Ⓑ内で泡を液体化し、その液体を管⒝で元のⒶへ戻す。この循環システムがバートン・ユニオン・システムで、発酵が終わった時にⒷには酵母が残り、その酵母も再利用もしています。この発酵プロセスによってビールに独特な風味が生み出されているといわれています。
+ Cooper Ale's 営業時間変更のお知らせ (2020-09-16)
Open 月ー金 16:00 〜 23:30 (Foodラストオーダー 22:45 / Drinkラストオーダー 23:00)
    日   16:00 〜 23:00 (Foodラストオーダー 22:00 / Drinkラストオーダー 22:30)

皆様が少しでも 落ち着いた空間でご飲食ができますよう、環境を整えてまいります。少しでも早く、心置き無い日常が戻りますように。cooper 店主・スタッフ一同

Cooperより+
感染症対策に広範囲に対応したオゾン発生機を設置しました。扉の開閉やアルコール消毒、スタッフの体温測定,マスク着用を徹底し、お客様 同士の席間隔を空けて営業いたします。当面は大人数様でのご来店をご遠慮願います。お客様の適量を過ぎたお酒の販売は致しません。お一人様でもテーブル席で ごゆっくりどうぞ。

お客様へ
入店時はお手数ですが、手洗いまたは消毒液で手指消毒にご協力下さい。日々の体温測定やマスク着用など、どうぞご自愛下さい。
Cooper Ale's特製 イギリスカレー はいかが (2020-07-15)
イギリスの家庭では昔、国民食であるローストビーフを日曜日に大きな塊で作って(サンデーロースト) 一週間かけて食べていたそうです。そのお肉を食べる調理法の一つにカレーもあったそうで。。Cooperシェフの得意料理の一つにローストビーフがあり、コロナに負けない免疫力を高めるのにもちょうど良いということで、 Cooperオリジナルのイギリスカレーを作ることにしました。せっかくなのでビールを使ったカレーがよいかな と、Cooperで人気のビール煮込みのソースと牛ホホ肉を使って 円やかで深みのあるスパイシーなカレールーを作り、シェフ特製のローストビーフとターメリックライス、ピクルス、人参ラペ、グリーンサラダ、ゆで卵をのせたボリューミーな一皿にしてみました。ご飯の量がランチ並みに多いので お2人でシェアしても、スタッフに伝えて頂ければ ご飯を少し減らしてサラダを増やすこともできます。当初思ってた以上に好評で、定番になることに。是非ご賞味下さい! ★★ Take Outできます!(お電話でも受け付けています)

ページトップへ
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ Chef 's Twitter
本日の樽生
アクセス
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 16:00〜23:30
金   16:00〜23:30
土   16:00〜23:30
日・祝日 16:00〜23:00

烏森口から左側に見える 吉野家さんのビル3F。
緑色のラクダの看板が目印です。
* 全席禁煙(喫煙スペース有)