新橋ビール

樽生お知らせ
ベルギー、デュポン醸造所より スモーキーなセゾン! (2016-08-24)
ベルギー・エノー州トゥルプの村に在るデュポン醸造所より、ピートモルトを使用した"セゾン" 『Dupont Triomfbier Vooruit トリオンフビア』樽を入荷。色合いは茶橙色、軽やかなスモーキーさが主体のボディには やや柑橘の甘みも感じる香りがあり、口当たりは優しく、セゾンらしい味わいにピート由来の燻製風味が重なる独特なボディ。後口の苦みにはスパイシーさと仄かなヨード香も感じられます。。ビアスタイル"Saison"は その昔, 冬の間に手が空く農家の方達が自家用ビールとして、夏の農作中に飲む為に造られていたビールが原型。デュポンはベルギーの穀倉地帯であるワロン地方に在り、1850年よりセゾンを醸造。スコッチウィスキーでも使われるピートモルトは麦芽を乾燥させる際に泥炭(ピート)を使用。名品として名高い「セゾン・デュポン」の醸造所が造るスモーキーなセゾンを是非。
ドイツ・ホフブロイ醸造所より 夏限定! "無濾過ラガー"樽! (2016-08-23)
バイエルン公国の宮廷醸造所として1589年設立、現 バイエルン州公営となるホフブロイ醸造所より 夏限定の"無濾過ラガー" 『HOFBRAU Munchner Sommer(Naturtrub) ホフブロイ・ミュンヒナーサマー』樽を入荷。色合いは白濁した茶橙色、パンの様な優しい麦芽の香りと若草の様なホップの香りがあり、軽快な飲み口。無濾過(酵母入り)ラガーならではの柔らかさがあり、弱めの発泡で、穏やかな麦芽の甘みと軽やかなスパイシーさを感じます。レモンのような風合いや微かにフルーティさも感じられ、苦みは控えめ。後口は軽やかです。。醸造所が、夏は特に人気な"Weissebier(ヴァイスビア/小麦ビール)" の代替品として、軽快に 爽やかに楽しめるビールを と開発した夏限定の"無濾過ラガー"。Naturtrub は natur=天然、trub=濁り で、無濾過な"酵母"入りビールならではの白濁した色合いを意味します。スマートなボディで喉を潤してくれる夏の"ミュンヒナーサマー"、秋頃より日本にも入荷が始まるオクトーバーフェスト仕様の秋ラガーとは全くの別物で、ドイツの夏を感じるラガーですよ。
ドイツより 元祖・燻製 『シュレンケルラ・ラオホ』樽 継続中! (2016-08-01)
南ドイツ・バイエルン、ミュンヘンから北西201Kmにあるバンベルグ。古くからこの街に伝わる特産ビールが"ラオホ"、燻製ビールです。"ブナの木で麦芽を燻す"という独特な麦芽工程を用いてラガービールを醸造。燻製麦芽由来のスモーキーな香りと味わいが特徴です。。近代技術の伝播や淡色ラガーの流行によってバンベルグの数ある醸造所がラオホの醸造を中止。現在バンベルグでラオホを醸造するのは2軒。醸造所直営店では昼からラオホを飲むおじいちゃんの姿も見かけられる、街に根付いたビールですが、今では日本でラオホを造る醸造所の方が多いんです。。只今 ヘラー醸造所の看板ラオホ『Schlenkerla Rauch Marzen シュレンケルラ・ラオホ・メルツエン』樽を入荷中。色合いはこげ茶色、軽やかに広がる燻製香と口の中で広がるスモーキーな味わい。燻製麦芽の旨みをキレイに楽しめ、余韻までスモーキー。樽生はスマートで飲み易く仕上がっています。元祖"ラオホビア"といわれ、世界に知れ渡るへラー醸造所のビールですが、家族が代々受け継いできた醸造所で実はそんなに大きな醸造所ではないんですよね。
ページトップへ
本日の樽生
アクセス
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ スタッフのビール日記!jha blog
jha blog
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 17:00〜01:00
金   17:00〜04:00
土   17:00〜23:30
日・祝日休み

烏森口から左側に見える 吉野家さんのビル3F。
緑色のラクダの看板が目印です。
* 全席禁煙(喫煙スペース有)
  • 樽生情報更新中!